一心駒込整骨院|姿勢・骨盤矯正・産前産後の骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

GBS一心駒込整骨院は24時間Web予約可!北区中里の駒込駅から歩いて5分  ホームに戻る

お気軽にお問合せください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
03-5809-0997

[月〜金] 9:00〜13:00 / 15:00〜20:00
[休診日] 祝日 ※土は9:00〜15:00

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒114-0015
東京都北区中里1-3-3-1F

【電車で】
JR山手線「駒込駅」東口徒歩2分/東京メトロ南北線「駒込駅」徒歩5分

診療について

診療時間 
 9:00~13:00
15:00~20:00
  日
9:00~15:00
休診日

足のバランス

2019年1月31日
足のバランス

足のバランスについて説明します。

 

足の解剖

足のバランスを説明する前に足の解剖を説明していきます。
足とは一般的には足首から下の事を指します。
足関節から下にある骨を数えてみると26個の骨から構成されています。
あの身体の部位としては小さな部位にこの数とは驚きです。
名前を挙げていくと踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、楔状骨、中足骨、基節骨、中節骨、末節骨の集合体が足になります。
骨をつなぎとめているものは靭帯になります。
靭帯にも多くの種類がありそれらどれが欠けてもバランスを保つことは難しいでしょう。

 

足のバランスとは?

足のバランスは腓骨脛骨の間-ショパール関節の頂点-第二第三中手骨の間となります。
ここが足根骨の正しい位置となり、そこに戻すと正常な働きを示すのです。

 

足の正常な働きとは?

足の正常な働きにアーチがあります。アーチには横と縦、さらに縦には内側と外側があります。
横のアーチには足底にかかる体重を分散させる効果があり、安静立位では体重を左右で等しくさせ、距骨に圧がかかるようにしています、またこの圧を踵骨と母指、小指球に半分ずつ分配しているのも特徴として挙げられます。
縦アーチは内側で土踏まずを形成し、歩行と密接に関わりのあるものです。要となる舟状骨の位置がポイントになります。
外側アーチは足のバランスと密接に関係します。内側に比べアーチと言えるほど高くはないがバランスを司るうえで欠かせないものである。

一心駒込整骨院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
03-5809-0997

〒114-0015 東京都北区中里1-3-3-1F

JR山手線「駒込駅」東口徒歩2分/東京メトロ南北線「駒込駅」徒歩5分


診療時間
 9:00~13:00
15:00~20:00

土曜は9:00〜15:00までの診療になります。

   [休診日]   祝日

PAGE TOP