一心駒込整骨院|骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

一心駒込整骨院は24時間Web予約可!北区中里の駒込駅から歩いて5分  ホームに戻る

お気軽にお問合せください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
03-5809-0997

[月〜金] 9:00〜13:00 / 15:00〜20:00
[休診日] 日・祝日 ※土は9:00〜15:00

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒114-0015
東京都北区中里1-3-3-1F

【電車で】
JR山手線「駒込駅」東口徒歩2分/東京メトロ南北線「駒込駅」徒歩5分

診療について

診療時間 
 9:00~13:00
15:00~20:00
  土
9:00~15:00
休診日
日祝

足関節について

2019年1月24日
足関節について

今日は足関節についてお話いたします。

 

足関節種類

足部の関節には距腿関節、足根間関節(距骨下関節、踵立方関節、楔立方関節、距踵舟関節、楔舟関節)、足根中足関節、中足間関節、中足指節関節、指節間関節がある。
今日はこの中でも距腿関節と距骨下関節の話をしていく。

 

距腿関節

脛骨の下関節面と内果、および腓骨の外果が関節窩、距骨上面の滑車を関節頭とするらせん関節である。
付属する靭帯としては、内側には内側(三角)靭帯(前脛距部、脛舟部、脛踵部、後脛距部の4部からなる)、外側には前距腓靭帯、後距腓靭帯、踵腓靭帯がある。
いわゆる、下腿の骨と足関節の真ん中にある距骨と関節をなしているものである。
この関節は足関節の複雑な動きである底屈、背屈、底屈位での内転・外転を可能にする。
また特徴として背屈位では外返し、底屈位で内返しをする。
多くの靭帯も付着している為捻挫や裂離骨折などに留意すべき関節である。

 

距骨下関節

距骨下面と踵骨上前面の間の関節で、両骨の前・中・後関節面の三つの部分で接合する顆上関節である。
付属する靭帯は足根洞内部にある骨間距踵靭帯、内側距踵靭帯、外側距踵靭帯である。
距骨下関節も複雑な動きが可能で内転・外転・内反・外反が可能である。

 

なぜ重要か

足関節は身体のバランスをもたらします。
身体の土台となるものが崩れてしまう事で骨折や脱臼、捻挫、挫傷などの急性期の外傷から
亜急性の外傷まで引き起こしてしまいます。
距骨の位置を維持する為のも両関節とても大切になります。

一心駒込整骨院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
03-5809-0997

〒114-0015 東京都北区中里1-3-3-1F

JR山手線「駒込駅」東口徒歩2分/東京メトロ南北線「駒込駅」徒歩5分


診療時間
 9:00~13:00
15:00~20:00

土曜は9:00〜15:00までの診療になります。

   [休診日]   日・祝日

PAGE TOP