一心駒込整骨院|骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

一心駒込整骨院は24時間Web予約可!北区中里の駒込駅から歩いて5分  ホームに戻る

お気軽にお問合せください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
03-5809-0997

[月〜金] 9:00〜13:00 / 15:00〜20:00
[休診日] 日・祝日 ※土は9:00〜15:00

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒114-0015
東京都北区中里1-3-3-1F

【電車で】
JR山手線「駒込駅」東口徒歩2分/東京メトロ南北線「駒込駅」徒歩5分

診療について

診療時間 
 9:00~13:00
15:00~20:00
  土
9:00~15:00
休診日
日祝

長引く腱鞘炎の痛みの原因は意外な所に!?

2018年3月13日
長引く腱鞘炎の痛みの原因は意外な所に!?

長引く腱鞘炎の痛みの原因は意外な所に!?

腱鞘炎でお悩みの方はいらっしゃいますか!?

腱鞘炎は様々な場所で起こるのですが、手の腱鞘炎を思い浮かべる方が多いと思います。
今日は手周辺の腱鞘炎についてお話していきます。

 

そもそも腱鞘炎って何!?

腱鞘炎とは腱の周りを覆っている腱鞘というトンネルがオーバーユース(使いすぎ)などによって摩擦を起こし、炎症症状を引き起こしている状態をいいます。
腱鞘とは腱の鞘と書くように骨を動かす役割をしている腱の周りを覆っているトンネルの事です。
腱鞘の間を腱が伸びたり縮んだしながら滑走しています。
滑走部分が過度に曲がっていたり、捻じれたりしていると摩擦が大きくなり腱鞘炎を引き起こしてしまいます。

 腱鞘炎

 

なぜ腱鞘炎になってしまう!?

腱鞘炎は腱鞘の摩擦によって生じますが、摩擦が起きてしまう原因が
① 過度な使いすぎ
② 骨の捻じれから腱鞘部分に捻じれが起こり、摩擦を大きくしてしまう
③ 使い方が悪い為に、腱鞘にかかる負担を大きくしてしまい摩擦が大きくなる
腱鞘炎を防ぐには、まずは使い方を変えていかなくてはいけません。
単に使わないようにするだけでは、また同じように使い始めた時に腱鞘炎になってしまいます。

腱鞘炎

 

腱鞘炎になってしまった時の初期対応

腱鞘炎になってしまった時は【冷やす】ことが大切です!
腱鞘炎=炎症なので炎症の症状として熱・腫れ・痛み・動きの制限・赤みなどを引き起こします。
摩擦が生じたことによる熱から痛み・腫れを起こしている為、初期は冷やすことが必要です。
温めた方が動きやすいという方もいるかもしれませんが、腫れ・熱を起こしている時に
温めてしまうのは炎症の症状を助長してしまう恐れがあるので、注意してください。
もちろん治療も不可欠です。
腱鞘炎が放置していて治る事は少ないです。
それだけ普段の生活でストレスをかけてしまっているので、治療で骨のバランスを改善し、
正しい使い方を覚えていく必要があります。

アイシング 腱鞘炎

 

整形外科や病院との腱鞘炎の治療の違い

整形外科や病院では腱鞘炎の治療は注射・痛み止めの薬・サポーター・手術などが選択されることが多いです。
もちろんそれも一つの選択肢であり、症状が改善される方もいらっしゃいます。
しかし、最終的には身体の構造・バランス・使い方が治らない限り再発する可能性は高いです。
腱鞘炎は治らないケガではなく、しっかり治療していけば必ずゴールがあります。

一心駒込整骨院に お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
03-5809-0997

〒114-0015 東京都北区中里1-3-3-1F

JR山手線「駒込駅」東口徒歩2分/東京メトロ南北線「駒込駅」徒歩5分


診療時間
 9:00~13:00
15:00~20:00

土曜は9:00〜15:00までの診療になります。

   [休診日]   日・祝日

PAGE TOP